WACATE 2018 冬に参加してきました! #WACATE

はじめに この記事はソフトウェアテストアドベントカレンダーの17日目の記事です。 前日はおーだんさんのASTER-テスト設計コンテストのすゝめでした。 おーだんさんはテスト設計コンテストというイベントについてでしたが、私はWACATEというイベントについて…

マツコの知らないテスト勉強会の世界

この記事はソフトウェアテストの小ネタアドベントカレンダーの3日目の記事です。 記事を書くきっかけ 社内でテストの勉強会についての話をすると、「え、テストの勉強会なんてあるんすか?」という反応を多く貰うので、おそらくマツコも知らないであろうテス…

「実装実施時要検討事項」について自動テストを題材にして考えてみた #テスコン

はじめに 先日、テスト設計コンテストのチュートリアルに参加してきました。 aster.or.jp aster.or.jp チュートリアルが素晴らしい内容でした! 上記のリンク先に、チュートリアルの資料や当時のつぶやきもあるので見てもらえればと思います。 にしさんのツ…

テストエンジニアがTDDブートキャンプに参加してきました #TDDBC

はじめに 先日、TDDBCに参加してきました。 tddbc.connpass.com このイベントで色々と学ぶことがあったので書きます。 目次 はじめに 目次 今回の題材 ペアプロ時の工夫 工夫その1:忠実に実装する 工夫その2:お題を分割する TODOに落とし込むための会話ロ…

WACATE 2018 夏に参加しました #WACATE

はじめに 6月16,17日にWACATEへ行ってきました。 wacate.jp 遅くなりましたが、今回はそのWACATEであったことを書きます。 目次 はじめに 目次 ガイドライン作成 BPPセッション 1日目のワーク ガイドラインの見直し 夜の分科会 「何が分かっていないのか分か…

QA Meetup 2018 パネルディスカッション 参加レポート #QAMU2018

イベント概要 先日、QAについてのMeetupがビズリーチで行われました。 イベント告知ページ connpass.com 今回はその中の後半にあったパネルディスカッションについて載せます。 登壇者 パネリスト 小林 依光(以下、小林) KLab 安納 達弥(以下、安納) ア…

Web Service QA Meeting June-2018 第1部参加レポート #WebQA

はじめに 先日、以下の勉強会に参加してきました。 lifull.connpass.com 第1部では事前に決めていたお題を3つ、第2部では会場から募った質問に答える形式でした。 私は都合により、第1部しか参加できませんでした…。 ※酒が入った状態で書いたので、途中、話…

理想の開発現場 ~ほんとにあのチームあるんだよ!~ 第2部『自画自讃』内から編 参加レポート #toteka

はじめに この記事は、「とちぎテストの会議05」での企画セッションの1つ「理想の開発現場 ~ほんとにあのチームあるんだよ!~ 第2部『自画自讃』内から編」の参加レポートです。 d.hatena.ne.jp 第1部の参加レポートはコチラ。 nihonbuson.hatenadiary.jp …

理想の開発現場 ~ほんとにあのチームあるんだよ!~ 第1部『自画自讃』外から編 参加レポート #toteka

はじめに この記事は、「とちぎテストの会議05」での企画セッションの1つ「理想の開発現場 ~ほんとにあのチームあるんだよ!~ 第1部『自画自讃』外から編」の参加レポートです。 d.hatena.ne.jp 「第2部『自画自賛』内から編」の参加レポートはコチラ。 ni…

モブプログラミングを色々な場所で体験してきた #mobprograming

はじめに 社外でモブプログラミングを色々と発表聴講&体験したので、そこで感じたことなどを書いていきます。 目次 はじめに 目次 初めての社外発表聴講『大企業だけど新規ビジネス開発をモブプログラミングでやってみた』 in XP祭り2017 得た気付きや感想 …

ロッシェル・カップさんによる「サーバントリーダーシップ」参加レポート #servantleadership

はじめに この記事は4月6日に行われた「チームの成果を高めるサーバントリーダーシップ」の参加レポートを書いたものです。 codechrysalis.connpass.com 具体的な考え方やアクションの話が多くて、とても参考になる勉強会でした! 発表資料 チームの成果を高…

#JaSST で話題になったFlakyなテストについて発表しました!

きっかけ とりあえずFlakyの説明スライドを作ってみたら、30ページになってしまった…。これを発表できる場所は無いっすかね…?#JaSST https://t.co/OlqIGxDL5P— ブロッコリー (@nihonbuson) 2018年3月22日 このツイートがきっかけで発表することになりました…

JaSST'18 Tokyo チュートリアル「計画立案とふりかえりでリスクを捉えよう!~SaPIDTOC:未来予想型チーム運営WS(テスト編)~」 #JaSST

はじめに この記事はJaSST'18 Tokyo(ソフトウェアテストシンポジウム)のチュートリアル「計画立案とふりかえりでリスクを捉えよう!~SaPIDTOC:未来予想型チーム運営WS(テスト編)~」で経験したことを書いたものです。 JaSST'18 Tokyoについてはこちら…

t_wadaさんと柴田芳樹さんの講演から、テスト駆動開発の良さを実感しました。 #JaSST

はじめに 先日、JaSST'18 Tokyoが開催されました。 JaSSTソフトウェアテストシンポジウム-JaSST'18 Tokyo 最大7トラックにまで別れた中、私はテスト駆動開発関連のセッションにも参加しました。 そのセッションで得た以下の内容を記載していきます。 チュー…

アメリカでは政府がコードレビューを義務付けている #JaSST

はじめに 先日、以下の記事を書きました。 nihonbuson.hatenadiary.jp その中で、以下のようなリアクションが大きかったです。 JaSST'18 Tokyoクロージングパネル「アジャイル・自動化時代のテストの現場のリアル」 #JaSST - ブロッコリーのブログ"政府の規…

GoogleのJohn Micco氏によるFlakyなテストとその判別方法の解説 #JaSST

はじめに FLAKYの内容が今はっきりした!#JaSST— ブロッコリー (@nihonbuson) 2018年3月8日 と書い(てしまっ)たので、JaSST'18 Tokyoに参加した私なりのFlakyの解釈を書きます。 JaSST'18 Tokyoについては以下のページを参照してください。 JaSSTソフトウ…

JaSST'18 Tokyoクロージングパネル「アジャイル・自動化時代のテストの現場のリアル」 #JaSST

はじめに この記事はJaSST'18 Tokyo(ソフトウェアテストシンポジウム)のパネルセッションを書いたものです。 JaSSTソフトウェアテストシンポジウム-JaSST'18 Tokyo 自己紹介 バックグラウンドが違い、コンテキストが違うことがある そこで自己紹介時に、ど…

『怒らないからヤバいと思っていること全部言う会』はSaPIDでもっと有効的にできるかも

この記事で伝えたいこと 『怒らないからヤバいと思っていること全部言う会』の内容はSaPIDでも言っている気がする。 SaPIDの紹介 SaPIDを用いて実践する、問題発見のコツ 『怒らないからヤバいと思っていること全部言う会』とSaPIDの繋がり 先日、以下の記事…

「Cybozu Meetup #11 アジャイルQA」 参加レポート #CybozuMeetup

アジャイルネイティブなQA by 三牧 麻美 自己紹介 新卒2年目 kintoneとkintoneモバイルの品質保証責任者 Scrum開発のみ経験済 kintone 顧客管理などのアプリをクラウド上で作成 多拠点開発 kintoneモバイル US向け 既存のモバイルアプリとは仕様を一新 新し…

ソフトウェアテスト・品質勉強会をもう一度行います! #test_study

今回、ソフトウェアテスト・品質勉強会を再演させていただけることになりました! 再演に至った経緯 実は、勉強会の発表についての解説記事で以下のように書きました。 耳を使うこと前提のスライドになっているため、この記事にいくら書いても、実際に受講し…

「ソフトウェアテスト・品質勉強会」のアンケートの回答

先日の「ソフトウェアテスト・品質勉強会」で参加者にアンケートを書いていただきました。 ただし、それらのアンケートに答えられる場が無かったので、できるだけ回答して載せます。 発表内容等はコチラ nihonbuson.hatenadiary.jp 今回のような体験、ワーク…

「ソフトウェアテスト・品質勉強会」での発表時に工夫したこと

先日、「ソフトウェアテスト・品質勉強会」で発表をしてきました。 connpass.com connpass.com 発表資料 speakerdeckにupしました。 speakerdeck.com 発表時に重視したこと 今回は、「如何に勉強会を楽しんでもらうか」に重点を置きました。 そのため、色々…

テスト戦略を語る夕べ(第3回)の内容をまとめてみようとした #STS1031

告知ページ connpass.com テストの在り方を変える軸 テスト戦略を考える上で、テストの在り方を変える軸というのが様々存在しているっぽい それらを勉強会の中で話した結果、5個ぐらいはありそう。 実際にはもっとありそう 勉強会の中で軸までを考えたのは以…

Veriserve - WebQA FunNight!! #01 #WQFN01

告知ページ veriserve.connpass.com はじめに このイベントでは、テスト管理クラウドサービス QualityForward のアジャイル開発において、どんな取り組みを行ってきたか、「守」「破」「離」の3点に分けて紹介していました。 なお、最初の話と、最後の話は諸…

継続的E2Eテスト #Seleniumjp

スライド 継続的E2Eテスト from 友隆 浅黄 www.slideshare.net はじめに 自動テストを継続的に行うのって難しいですよね? 自動テストはキャズムを超えた やり始めるのは簡単だが、継続していくというのは大変 技術的な話というよりも、運用で気をつけてきた…

Let's step into the OSS community #Seleniumjp

スライド 20170701 lets-step-into-the-oss-community from Kazuaki MATSUO www.slideshare.net クックパッドについて 日本だけでなく世界でもサービスを提供している Rubyを使っている RubyはOSS OSSの貢献を意識している OSS活動について 今はOSSに貢献し…

E2E自動テストの長期運用に耐えるための5つの手法 #Seleniumjp

スライド selenimu commiter day 2017: Methods to Sustain Long Term Operations of E2E Automated Tests from Toshiya Komoda www.slideshare.net モバゲーのプラットフォームについて 数千万人の会員がいる 3rdパーティーの開発のためのサービスを提供し…

re:反復開発

勉強会告知ページ connpass.com スライド speakerdeck.com 自己紹介 @m_seki XPプログラミングを16年ぐらいやっている クックパッド 2015年にイベントをやってた 秋山さんが論文を書いてた 開発チームの中にテストエンジニアを配し…テストの現場の理想型の一…

大企業だけど新規ビジネス開発をモブプログラミングでやってみた #xpjug

スライド speakerdeck.com カンファレンス カンファレンスは発表者に直接聞けるのが売り 現地 真ん中の写真は従業員ボード 自分ができること、出来ないことを書いている 付箋には、他者からのコメントが書いている 右側の写真は技術について、TDDとかBDDとか…

【基調対談】ワークスタイル改革を実践者する二人が、働き方の本質を語る #xpjug

はじめに その場で聞きながら書いたため、間違っている箇所があるかもしれません。 指摘箇所があれば、コメント等でお願いします。*1 自己紹介 倉貫 XP祭りは10何年参加している いつの間にかスタッフだといわれ、スタッフMTGに参加していたらいつの間にか会…