読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Report to Spring Developer from CyberAgent #jsug_sis

はじめに 訳あって前半部分だけ記載しています。 自己紹介 池田裕介(@yukung) スマートフォンプラットフォームのAPI設計や運用を担当 CyberAgent=キラキラというイメージ化もしれないですが、今日は違います 苦労話を Amebaスマートフォンプラットフォーム 2…

価値を届ける技術 #bpstudy

スライド 価値を届ける技術 #bpstudy 96 from hirokiky www.slideshare.net 価値 技術ってそれだけだったら意味が無い 日経にとっての価値は情報(記事) 情報を届ける 使いやすい 落ちない 早い/強い 内部的な価値 開発者が楽しい ごちゃごちゃしたコードは…

日経電子版開発内製化の取り組み #bpstudy

スライド speakerdeck.com 自己紹介 鈴木陽介 2001年入社 元々は編集の仕事をしていた アプリ内製化の話がバズりました 新聞業界の反響がすごかった 「伊藤直也さん紹介してください」と言われた 日本経済新聞について 1876年12月に創刊 最初は物価について…

Reactive System Meetup に参加してきました #reactive_shinjuku

昨日、Reactive System Meetupに行ってきました。 Reactive System Meetup in 西新宿 (2015/08/18 19:00〜)reactive-shinjuku.connpass.com Reactive とは何か スライド speakerdeck.com 感想 正直、内容てんこ盛りで、時間内に全て把握することは難しかった…

うんもち勉強会に参加してきた #unmochi

今日、うんもち(運用フェーズになった自社サービスを抱えた会社のエンジニアってどうやってモチベ―ション維持してるの?)勉強会に参加してきた 運用フェーズになった自社サービスを抱えた会社のエンジニアってどうやってモチベ―ション維持してるの?unmoch…

挑戦と安定と職人気質 #unmochi

自己紹介 こばやしとしあき アニメイトラボ CTO pixiv開発マネージャ Agenda 大事なこと2つ コンテキスト共有 挑戦と安定と職人気質 大事なこと2つ 挑戦と安定の○○を考えなおす モチベーションは○○もの コンテキスト共有 アニメイトラボは設立1期目 他のグル…

手段の目的化のために僕らがやるべきこと #unmochi

自己紹介 五十嵐邦明 spice life 開発部長 エンジニアは10人ぐらい 花粉の人 社内の「花粉症疎開制度」を用いて沖縄・台湾で仕事をした tmix考古学 現在7歳 最初はPHP そこからRails2.3に変更した コード管理はSVN サーバスケールアップ不可 tmix技術史 SVN…

運用にモチベを求めるのは間違っているだろうか #unmochi

自己紹介 伊藤大輔 GMO くまポン システム部 クーポンサイトの運用・保守・開発 Agenda 運用エンジニアのFACTの共有 モチベーションの説明 おすすめのモチベーション 運用エンジニアとは 自社サービスを提供 新規開発を既に終えている 運用・保守・開発を行…

ぼくがかんがえたさいきょうのモチベーションを維持するための環境づくり #unmochi

自己紹介 しおばらひろあき ハイロウテック 転職10回以上 前提組織例 サービスのリリースが完了し、維持・運用に入った組織 陣容 ディレクター 実際は社畜的な働きをしている 企画 制作 エンジニア 理論武装 モチベーションがなぜ必要か 科学的管理法(能率…

July Tech Festa2015に参加してきました #jtf2015

レポートを全部書いたので、一番前に持っていくために再掲。 昨日、July Tech Festa 2015に参加してきました。 <a href="http://2015.techfesta.jp/" data-mce-href="http://2015.techfesta.jp/"&am…

「HashiCorpとAtlasのインフラ管理 ― 運用に自動化を求めるのは間違っているだろうか(仮)」参加レポート #jtf2015

スライド 運用に自動化を求めるのは間違っているだろうか from Masahito Zembutsu www.slideshare.net 自己紹介 前佛雅人 テクノロジエバンジェリスト 今日話すこと 失敗談 We Can Advance 自分の最強デッキを作ろう みなさん仕事楽しいですか 楽しいと楽は…

「最前線で戦う若手インフラエンジニアたちが語る『技術トレンド』と『数年後の未来』」参加レポート #jtf2015

自己紹介 モデレータ @deeeet 登壇者 @catatsuy @okkun @y_uuk1 @rrreeeyyy wakateinfra 新卒入社3年以内のインフラエンジニアで集まったコミュニティ 今回のセッションの目標・ゴール 若者は今のインフラ界隈をどう思っているのか 質問について #wakateinf…

「インフラエンジニアがUnityをやるべき、たった一つの理由」参加レポート #jtf2015

スライド インフラエンジニアがUnityをやるべきたった一つの理由 from axsh co., LTD. www.slideshare.net 自己紹介 山崎 泰宏 株式会社あくしゅ 代表取締役 質問 この画像(外国人が喜んでいる写真)のネットワークエンジニアたちは一体何に喜んでいるのか…

「外部サービスを使わずにPullRequestベースの開発をするために行ったこと」参加レポート #jtf2015

スライド Pull request based development from Kodai Sakabe www.slideshare.net 自己紹介 坂部広大 ツイッターアカウントは@koudaiii 2010年入社 2010年の社内環境 Trac and hiki and subversion Ruby 1.8.7 Gitが浸透していく時期だった 制約上、プログラ…

「OWASP Japan ― 情報セキュリティとのうまい付き合い方 ―」参加レポート #jtf2015

スライド speakerdeck.com 自己紹介 石切山 開 セキュリティの関わりが学生の頃 OWASP Open Web Application Security Projectの略 セキュリティ向上やセキュアなWebサービスの展開を目的として設立された ツイッターアカウントは@owasp OWASP Japan ドキュ…

「エンジニアのスキルパターンを作ってみた話」参加レポート #jtf2015

スライド インフラエンジニアのスキルパターンを作ってみた話 from Ken SASAKI www.slideshare.net 自己紹介 佐々木健 DMM.labo インフラ統括本部 コアテク部 ツチノコブログ執筆中 DMMについて サービスはどんどん増えている サービスが増えて、会員も増え…

「マイクロサービスで、一歩先行くImmutable Infrastructureを目指そう」参加レポート #jtf2015

スライド マイクロサービスで、 一歩先行くImmutable Infrastructureを目指そう from sho kisaragi www.slideshare.net 発表者のブログ [SOA] #JTF2015 で発表してきた(‘A`) [Microservices]oshiire.to 自己紹介 しょっさん 「よくここのアイコンとここの名…

「ベンチャーCTO、AWSエバンジェリストを経て考える、クラウド時代に向き合うエンジニア像のこれから」参加レポート #jtf2015

スライド ベンチャーCTO、AWSエバンジェリストを経て考える、クラウド時代に向き合うエンジニア像のこれから from Yasuhiro Horiuchi www.slideshare.net 自己紹介 堀内 康弘 経歴 少し前まではAWSのエバンジェリスト スタートアップのアドバイザーをしてい…

Web Service QA Meeting Vol.1に参加してきました #webqa.meeting

昨日(7/13)、Web Service QA Meeting Vol.1 があったので参加してきました。 Web Service QA Meeting Vol.1 at NEXTperaichi.com ツイート上では、 #webqa.mtg とか #webqa *1とか書かれていましたが、きっと #webqa.meeting が正解なんだと思います。 登…

第三回システムテスト自動化標準ガイド読書会で発表して司会もしました

7月4日に第三回ギア本の読書会がありました。 <a href="http://software-test-automation.connpass.com/event/15691/" data-mce-href="http://software-test-automation.connpass.com/event/15691/">第三回 システムテスト自動化 標準ガイド 読書会 (2015/07/04 14:30〜)</a>software-test-automation.connpass.com 今までは司会をしていましたが、今回は発表をしました! しかも2章分! 今回は第5章を@masato…

第二回システムテスト自動化標準ガイド読書会で司会をしました&第三回で発表します

タイトル長い… さて、タイトルの通り「第二回システムテスト自動化標準ガイド読書会」で司会をしました。 第一回に引き続いての司会です。 第二回 システムテスト自動化 標準ガイド 読書会 (2015/05/23 14:30〜)software-test-automation.connpass.com 今回…

#WACATE 2015夏に参加してきました&ゆもつよメソッド復習会実施のお知らせ

先週、WACATE2015夏に参加してきました。 (まだ先週の話なのか。今週が慌ただしすぎてもっと前にやった気分…) 若手エンジニア向けワークショップ:WACATE (ソフトウェアテストワークショップ)wacate.jp WACATEとは 1泊2日で行われる、若手テストエンジニ…

Ansibleのハンズオンに行ってきました(リベンジ) #techcircleja

昨日、Ansibleのハンズオン&LT発表会に行ってきました。 Tech-Circle Ansibleをはじめてみました(ハンズオン勉強会) (2015/06/08 18:30〜)techcircle.connpass.com 前回、別のハンズオンでは環境構築で涙をのんだ私… Ansibleのハンズオンに参加してきました…

#AWS Summit 2日目に参加してきました

6月2日に引き続き、6月3日にもAWS Summit 2015 Tokyo に参加してきました。 &amp;lt;a href="http://www.awssummit.tokyo/index.html" data-mce-href="http://www.awssummit.tokyo/index.html"&amp;gt;AWS Summit Tokyo 2015 - クラウドで、未来を「今」に。…

#AWSSummit 1日目に参加して感じたこと

今日、AWS Summitに参加してきました 登録者数が13900名となり、 #AWSSummit のツイートも多く見られて、きっとNHKのNews Webの「つぶやきビッグデータ」でも出てくることでしょう さて、そんなAWS Summitですが、残念なことが結構あったので、2日目には改善…

#AWSSummit Tokyo 2015 DevCon 『デベロッパーが切り拓く、次の時代』

はじめに セッションで話されていた内容をメモしてたのでそれを残しておきます。 ただし、少し発言の主旨が違う所があるかも あと、発言内容は存在したけど発言者を間違えている可能性大です 登壇者 伊藤直也(以下、伊藤) 大場光一郎(以下、大場) モデレ…

Testing Casual Talks #2 に参加してきました #testingcasual

昨日(5月25日)、Testing Casual Talks #2 に参加してきました。 Testing Casual Talks #2 : ATNDatnd.org Ustreamの録画はこちら→上手く録画が出来ていなかったらしいです。 ツイートまとめ Testing Casual Talks #2 #testingcasualtogetter.com 一言に「Tes…

第6回Quesに参加してきました #quesqa

昨日(5月14日)、第6回Quesに参加してきました。 &amp;amp;lt;a href="https://atnd.org/events/64364" data-mce-href="https://atnd.org/events/64364"&amp;amp;gt;【増席!!】第6回Ques : ATND&amp;amp;lt;/a&amp;amp;gt;atnd.org QA専門の勉強会ですが、…

第6回Ques「トークライブ 〜アジャイル時代にテスターがこの先生きのこるには?〜」

登壇者プロフィール 松木しんすけ テスト自動化研究会 お題その1「アジャイルチームに歓迎されるテスターのスキル・人物像とは?」 鈴木 アジャイルやる上でmustな要件は「コミュニケーションに苦痛を感じない人」 永田 人の性格による 得意なところは饒舌に…

第6回Ques「アジャイル開発と品質保証の密なる関係」

発表者のプロフィール 永田敦 ソニー株式会社プロフェッショナルソリューション事業部品質保証部門 放送局システムの機器を担当 レビュー版アジャイルの宣伝をしている システム自動化ガイドの著書も担当 システムテスト自動化 標準ガイド (CodeZine BOOKS)…

第6回Ques「KDDI Bussiness IDにおけるアジャイル開発と検証フロー」

はじめに 発表者のプロフィール 鈴木隆昭 KDDI株式会社 クラウドサービス開発部 開発4G なぜアジャイル? 会場でのアジャイル導入率 会場では半分弱 破壊的なまでの市場の変化スピードに対応するため 従来のウォーターフォールのようにがっつり要件定義して……

ハンズオンの難しさとその対策

最近、多くの勉強会とハンズオンに参加しています。 その中で参加者としてもハンズオンの難しさを感じています。そこで、ハンズオンが難しい理由とその対策を参加者の視点から書いてみます。 「参加者なのに偉そうに」と思われそうですが、率直な思いです。…

Ansibleのハンズオンに参加してきました

4月24日にAnsibleのハンズオンに参加してきました。 今回はハンズオンということもあり、内容を伝えるというよりも感想が多めです。 【入門】Vagrant / Ansibleで作る開発環境 (2015/04/24 19:30〜)yapodu.connpass.com 資料 speakerdeck.com 結果 環境構築…

Chef勉強会に参加してきました #getchef_ja

4月20日にChefの勉強会へ行ってきましたので、その概要を共有します。 ただ、資料が公開されている前提でメモを取っていたので、やや分量が少なめな感じ…。 インフラ自動化を始めよう! ~Chef編~ (2015/04/20 19:00〜)connpass.com まとめ 大規模な構築でも…

『第一回 システムテスト自動化 標準ガイド 読書会』の司会をしました

4月18日に『第一回 システムテスト自動化 標準ガイド 読書会』の司会をやってきました。 司会というだけで、実際は自分も楽しく学んでいましたが。 第一回 システムテスト自動化 標準ガイド 読書会 (2015/04/18 14:30〜)software-test-automation.connpass.c…

AWS vs GCP に参加してきました

4月12日にAmazon Web Service(AWS) vs Google Cloud Platform(GCP)というイベントに参加しました &amp;lt;a href="http://gcpug-tg.connpass.com/event/13704/" data-mce-href="http://gcpug-tg.connpass.com/event/13704/"&amp;gt;Amazon Web Service vs Go…

BPStudyの公募LTでロッテ岡田選手のこととか喋ってきました

タイトルの通り、水曜日にBPStudyの公募LTで喋ってきました。 BPStudy#91 (2015/03/25 19:00〜)bpstudy.connpass.com 発表内容 スライドはコチラ 岡田幸文選手と変なデータ3つ from nihon buson www.slideshare.net 発表はLTということもあり、5分しか喋れ…

JaSST'15 Tokyoの参加記録を3つ書きました

昨日と今日、JaSST'15(ソフトウェアシンポジウム2015)が開催されていました。 JaSSTソフトウェアテストシンポジウム-JaSST'15 Tokyo そんな中で、スライドとして記録が残りにくい、ライブコーディングのセッション及びパネルセッションについて記事にしま…

JaSST'15 Tokyo 『テスト自動化によるエンジニアのしあわせのかたち』参加記録

JaSSTソフトウェアテストシンポジウム-JaSST'15 Tokyo より 登壇者 堀岡勝 (ローグウェーブ ソフトウェア ジャパン) 山城裕一 (マイクロフォーカス) 雨宮吉秀 (日本シノプシス) 大西建児 (ガイオ・テクノロジー) 小井土亨 (OSK) きょん (テスト自…

JaSST'15 Tokyo 『Web.JaSST ウェブ開発のテスト』参加記録

JaSSTソフトウェアテストシンポジウム-JaSST'15 Tokyo より 自己紹介 登壇者 柿崎憲(株式会社ミクシィ) 藤澤正通(株式会社ネクスト) 松尾和昭(株式会社クックパッド) 山本健(グリー株式会社) モデレータ 中野直樹(株式会社ネクスト) このセッションのテーマ …

JaSST'15 Tokyo 『テストコードクリニック』参加記録

JaSSTソフトウェアテストシンポジウム-JaSST'15 Tokyo より はじめに JaSST'15のセッションの一つ『テストコードクリニック』に参加してきました。 このセッションでは、スライドに載っていない部分であるデモで多くの時間を割いていたので、そのデモでの修…

第5回Quesに参加してきました

発表スライドとか無いのかな~と思いつつ、メモ的なものを載せておきます。 スマホゲーム開発を加速するテストエンジニアリング 自己紹介 山本健 1人目のスキンヘッド グリー株式会社 TEの役割 手助け 開発 単体テストの手助け QA 設定セットアップ おべんと…

第2回日本Seleniumユーザーコミュニティ勉強会まとめ

記事を4つ書きました。 <a href="http://nihonbuson.hatenadiary.jp/entry/2014/10/18/205252" data-mce-href="http://nihonbuson.hatenadiary.jp/entry/2014/10/18/205252">第2回日本Seleniumユーザーコミュニティ勉強会①「Seleniumをもっと知るための本の話」 - ブロッコリーのブログ</a> 第2回日本Seleniumユーザーコミュニティ勉強会①「Seleniumをもっと知るための本の話」 - ブロッコリーのブログ

第2回Selenium勉強会に参加してきました④「クックパッドアプリの開発を支援するAppiumの話」

スライド 20141018 selenium appium_cookpad from Kazuaki MATSUO 20141018 selenium appium_cookpad 発表者 松尾和昭さん クックパッド株式会社 テストエンジニア 会場アンケート 参加者の構成について テストエンジニア…少数 開発者…多数 マネージャ…なし…

第2回Selenium勉強会に参加してきました③「ハイパフォーマンスSeleniumテスト@サイボウズ(仮)」

発表資料 ハイパフォーマンスSeleniumテスト@サイボウズ from miyajan www.slideshare.net 発表者 宮田淳平さん サイボウズ株式会社 6年目 フロントからバックエンドまで kintoneチームに所属 kintone プログラマー17人 サーバサイド Java コード量は約23万…

第2回Selenium勉強会に参加してきました②「脱・独自改造!GebでWebDriverをもっとシンプルに」

発表スライド 20141018 第2回selenium勉強会 from Hiroko Tamagawa 20141018 第2回selenium勉強会 発表者 玉川紘子さん 株式会社SHIFT CI導入のお手伝い セミナー実施 コミュニティ STAR(テスト自動化研究会) 日本Jenkinsユーザ会 2015年1月にカンファレンス…

第2回Selenium勉強会に参加してきました①「Seleniumをもっと知るための本の話」

発表スライド Seleniumをもっと知るための本の話 from 玉川 竜司 Seleniumをもっと知るための本の話 発表者 玉川竜司さん 『実践SeleniumWebDriver』の翻訳者 Sky株式会社でソフト開発 兼業で翻訳者(ほとんどオライリー社) 主な著書 『Hadoopオペレーショ…

nanapi勉強会 vol4 #nanapi_study の参加記録その2 「はてなの開発フロー」

前回はnanapiの開発フローについて書いたけれども、今回ははてなMackerelの開発フローについて 発表スライド 既にあげられていました Workflow at Hatena Mackerel Team // Speaker Deck Mackerelについて サーバ管理・監視を行うツール Mackerel: A Revolut…

nanapi勉強会 vol4 #nanapi_study の参加記録その1 「nanapiの開発フロー」

↓に行ってきました。 nanapi勉強会 vol4 - 【nanapi x はてな】はてなとnanapiの開発フロー - nanapi勉強会 | Doorkeeper 内容とその感想 会場の雰囲気 場所は渋谷駅新南口近くという、大変奥まった場所 map:x35.6560614y139.70430069999998:map 19:30開始予…

ソフトウェア品質シンポジウム(SQiP)2014に行ってきました(基調講演編)

9/11・12と、ソフトウェア品質シンポジウム(SQiP)に行ってきました。 「シンポジウム」とか聞くと、お堅い印象を持たれるかもしませんが、全然違った!!特にお堅い印象を無くしてくれたのが、基調講演2つ。 基調講演その1『ビジネスが変わる・・・品質が…