技術

テストレベルに「機能テスト」が入ると困る理由

はじめに この記事は ソフトウェアテストの小ネタ Advent Calendar 2019 の3日目の記事です。 もはや、「小ネタ」という文量を遥かに超えてしまっている気もしますが、「機能テスト」という1つの単語に対しての小ネタということで…。*1 目次 はじめに 目次 …

7payの会見から学ぶソフトウェアテストの7原則

目次 目次 はじめに この記事の元ネタ 教訓1:「脆弱性はなかった」という発言 ソフトウェアテストの7原則の1.テストは欠陥があることは示せるが、欠陥がないことは示せない ソフトウェアテストの7原則の7.「バグゼロ」の落とし穴 教訓2:仕様・設計の段階での…

JJUG CCC 2019 Springで色々な工夫を凝らしつつ、テストについて発表してきました! #jjug_ccc #ccc_e4

5月18日に開催された「JJUG CCC 2019 Spring」で「テストエンジニアが教える JUnitを書き始める前に考えるべきテスト」というタイトルで発表してきました! www.java-users.jp 発表をするにあたり考えていたことや工夫したことを記事にしておきます。 目次 …

「ファシリテーション101」聴講レポート

先日、社内で澤さんによるファシリテーション講座があり、「SNSでの投稿自由」「ブログでの公開自由」という話を頂いたので、ブログに公開します。 目次 目次 発表者 講演内容について ファシリテーションとは? 田原総一朗はファシリテータか? ファシリテ…

「ジャストーーーク! 転職芸人が語るテスト/QA技術者としてのキャリアパス vol.2」聴講レポート #JaSST19Tokyo #JaSST

目次 目次 転職芸人について 自己紹介 司会:鈴木里惇(以下、鈴木) ゲスト:越中谷郁美(以下、越中谷) 鶴岡洋子(以下、鶴岡) 松谷峰生(以下、松谷) 柿崎憲(以下、柿崎) 山本健(以下、番長) 山本久仁朗(以下、くにお) 転職するときの動機、きっ…

「クロージングパネル:⼈⼯知能の未来~その未来をどうテストし、どうテストに活⽤するのか~」聴講レポート #JaSST19Tokyo #JaSST

目次 目次 自己紹介 榊原彰(以下、榊原) TariqKing(以下、Tariq) 石川冬樹(以下、石川) 松原仁(以下、松原) 現在のチャレンジについて AIとドメインナレッジについて 品質の担保の仕方について AIの学習過程の可視化について AIによるデータのバイア…

「テストの未来、品質の未来~⾃動化はテスター撲滅の夢を⾒るか?~」 聴講レポート #JaSST19Tokyo #JaSST

目次 目次 発表スライド 当日のツイートまとめ 自己紹介 山口鉄平(以下、山口) 大園博昭(以下、大園) 木住野奈夫人(以下、木住野) 根本征(以下、根本) 松尾和昭(以下、松尾) モデレータ:藤原大(以下、藤原) 本セッションのコンセプト テスト自…

パネルディスカッション「QAの過去から現在・現在から未来」(後編) #DeNA_QA_Night

前編はこちら nihonbuson.hatenadiary.jp 目次 目次 登壇者 奈良 隆正(以下、奈良さん) 西 康晴(以下、にしさん) 河野 哲也(以下、河野さん) 講演資料 昔からあるツールで今でも使い物になりそうなものについて 品質管理手法 品質管理図 V&V 探針と信…

パネルディスカッション「QAの過去から現在・現在から未来」(前編) #DeNA_QA_Night

タイトルに「パネルディスカッション」と書いておきながら、実際のパネルディスカッションは後編になります。 後編はこちら 目次 目次 イントロダクション(河野さんの発表) 発表資料 今回のパネルディスカッションの狙い 背景 皆さんが困っていること QAの…

テストエンジニアはどのような思考でペアプロ・モブプロに参加しているのか #WACATE

はじめに この記事は、モブプログラミングアドベントカレンダーの24日目の記事です。 前日も私がモブプログラミングをやっている人にレビューについて語ってもらった話 #JaSSTReviewというタイトルで書きました。 今回は、WACATEというイベントでのモブプロ…

モブプログラミングをやっている人(及部さん)にレビューを語ってもらった話 #JaSSTReview

はじめに この記事は、モブプログラミングアドベントカレンダーの23日目の記事です。 前日は martin_lover_se さんの モブプロが大好きなので熱い想いを言語化する です。 今回は、JaSST Reviewというイベントに、モブプログラミングの人(及部さん)を招待…

WACATE 2018 冬に参加してきました! #WACATE

はじめに この記事はソフトウェアテストアドベントカレンダーの17日目の記事です。 前日はおーだんさんのASTER-テスト設計コンテストのすゝめでした。 おーだんさんはテスト設計コンテストというイベントについてでしたが、私はWACATEというイベントについて…

マツコの知らないテスト勉強会の世界

この記事はソフトウェアテストの小ネタアドベントカレンダーの3日目の記事です。 記事を書くきっかけ 社内でテストの勉強会についての話をすると、「え、テストの勉強会なんてあるんすか?」という反応を多く貰うので、おそらくマツコも知らないであろうテス…

「実装実施時要検討事項」について自動テストを題材にして考えてみた #テスコン

はじめに 先日、テスト設計コンテストのチュートリアルに参加してきました。 aster.or.jp aster.or.jp チュートリアルが素晴らしい内容でした! 上記のリンク先に、チュートリアルの資料や当時のつぶやきもあるので見てもらえればと思います。 にしさんのツ…

WACATE 2018 夏に参加しました #WACATE

はじめに 6月16,17日にWACATEへ行ってきました。 wacate.jp 遅くなりましたが、今回はそのWACATEであったことを書きます。 目次 はじめに 目次 ガイドライン作成 BPPセッション 1日目のワーク ガイドラインの見直し 夜の分科会 「何が分かっていないのか分か…

QA Meetup 2018 パネルディスカッション 参加レポート #QAMU2018

イベント概要 先日、QAについてのMeetupがビズリーチで行われました。 イベント告知ページ connpass.com 今回はその中の後半にあったパネルディスカッションについて載せます。 登壇者 パネリスト 小林 依光(以下、小林) KLab 安納 達弥(以下、安納) ア…

Web Service QA Meeting June-2018 第1部参加レポート #WebQA

はじめに 先日、以下の勉強会に参加してきました。 lifull.connpass.com 第1部では事前に決めていたお題を3つ、第2部では会場から募った質問に答える形式でした。 私は都合により、第1部しか参加できませんでした…。 ※酒が入った状態で書いたので、途中、話…

理想の開発現場 ~ほんとにあのチームあるんだよ!~ 第2部『自画自讃』内から編 参加レポート #toteka

はじめに この記事は、「とちぎテストの会議05」での企画セッションの1つ「理想の開発現場 ~ほんとにあのチームあるんだよ!~ 第2部『自画自讃』内から編」の参加レポートです。 d.hatena.ne.jp 第1部の参加レポートはコチラ。 nihonbuson.hatenadiary.jp …

理想の開発現場 ~ほんとにあのチームあるんだよ!~ 第1部『自画自讃』外から編 参加レポート #toteka

はじめに この記事は、「とちぎテストの会議05」での企画セッションの1つ「理想の開発現場 ~ほんとにあのチームあるんだよ!~ 第1部『自画自讃』外から編」の参加レポートです。 d.hatena.ne.jp 「第2部『自画自賛』内から編」の参加レポートはコチラ。 ni…

モブプログラミングを色々な場所で体験してきた #mobprograming

はじめに 社外でモブプログラミングを色々と発表聴講&体験したので、そこで感じたことなどを書いていきます。 目次 はじめに 目次 初めての社外発表聴講『大企業だけど新規ビジネス開発をモブプログラミングでやってみた』 in XP祭り2017 得た気付きや感想 …

ロッシェル・カップさんによる「サーバントリーダーシップ」参加レポート #servantleadership

はじめに この記事は4月6日に行われた「チームの成果を高めるサーバントリーダーシップ」の参加レポートを書いたものです。 codechrysalis.connpass.com 具体的な考え方やアクションの話が多くて、とても参考になる勉強会でした! 発表資料 チームの成果を高…

#JaSST で話題になったFlakyなテストについて発表しました!

きっかけ とりあえずFlakyの説明スライドを作ってみたら、30ページになってしまった…。これを発表できる場所は無いっすかね…?#JaSST https://t.co/OlqIGxDL5P— ブロッコリー (@nihonbuson) 2018年3月22日 このツイートがきっかけで発表することになりました…

JaSST'18 Tokyo チュートリアル「計画立案とふりかえりでリスクを捉えよう!~SaPIDTOC:未来予想型チーム運営WS(テスト編)~」 #JaSST

はじめに この記事はJaSST'18 Tokyo(ソフトウェアテストシンポジウム)のチュートリアル「計画立案とふりかえりでリスクを捉えよう!~SaPIDTOC:未来予想型チーム運営WS(テスト編)~」で経験したことを書いたものです。 JaSST'18 Tokyoについてはこちら…

t_wadaさんと柴田芳樹さんの講演から、テスト駆動開発の良さを実感しました。 #JaSST

はじめに 先日、JaSST'18 Tokyoが開催されました。 JaSSTソフトウェアテストシンポジウム-JaSST'18 Tokyo 最大7トラックにまで別れた中、私はテスト駆動開発関連のセッションにも参加しました。 そのセッションで得た以下の内容を記載していきます。 チュー…

アメリカでは政府がコードレビューを義務付けている #JaSST

はじめに 先日、以下の記事を書きました。 nihonbuson.hatenadiary.jp その中で、以下のようなリアクションが大きかったです。 JaSST'18 Tokyoクロージングパネル「アジャイル・自動化時代のテストの現場のリアル」 #JaSST - ブロッコリーのブログ"政府の規…

GoogleのJohn Micco氏によるFlakyなテストとその判別方法の解説 #JaSST

はじめに FLAKYの内容が今はっきりした!#JaSST— ブロッコリー (@nihonbuson) 2018年3月8日 と書い(てしまっ)たので、JaSST'18 Tokyoに参加した私なりのFlakyの解釈を書きます。 JaSST'18 Tokyoについては以下のページを参照してください。 JaSSTソフトウ…

JaSST'18 Tokyoクロージングパネル「アジャイル・自動化時代のテストの現場のリアル」 #JaSST

はじめに この記事はJaSST'18 Tokyo(ソフトウェアテストシンポジウム)のパネルセッションを書いたものです。 JaSSTソフトウェアテストシンポジウム-JaSST'18 Tokyo 自己紹介 バックグラウンドが違い、コンテキストが違うことがある そこで自己紹介時に、ど…

『怒らないからヤバいと思っていること全部言う会』はSaPIDでもっと有効的にできるかも

目次 目次 この記事で伝えたいこと 『怒らないからヤバいと思っていること全部言う会』とSaPIDの繋がり SaPIDとは 真の問題発見のコツ 実際にSaPIDを書いてみた例 SaPIDを学びたい場合 書籍から学ぶ 体験型イベントに参加して実際に一通りやってみる 体験型…

「Cybozu Meetup #11 アジャイルQA」 参加レポート #CybozuMeetup

アジャイルネイティブなQA by 三牧 麻美 自己紹介 新卒2年目 kintoneとkintoneモバイルの品質保証責任者 Scrum開発のみ経験済 kintone 顧客管理などのアプリをクラウド上で作成 多拠点開発 kintoneモバイル US向け 既存のモバイルアプリとは仕様を一新 新し…

ソフトウェアテスト・品質勉強会をもう一度行います! #test_study

今回、ソフトウェアテスト・品質勉強会を再演させていただけることになりました! 再演に至った経緯 実は、勉強会の発表についての解説記事で以下のように書きました。 耳を使うこと前提のスライドになっているため、この記事にいくら書いても、実際に受講し…